空調服のメリットとガスによるトラブルを避けるための工夫

重大な健康被害に繋がる熱中症を未然に防ぐ効果があるとして、近年になって空調服が脚光を浴びています。衣類の中に風を送って外気の影響を軽減させる空調服は、酷暑を乗り切る理想的な衣類として注目されているのです。

しかし、便利な空調服にも意外な弱点があることはあまり知られていません。気温が高い場所で快適に過ごすためにも、空調服の特徴や使用時の注意点について学びましょう。

空調服の上手な扱い方と充電器に関する注意点

なぜ空調服は涼しく感じるのか

作業服の一種である空調服は付属しているファンを動かすことで衣類の内部に風を送り込むことができます。風そのものは外気を取り込んでそのまま流しているものなので冷えてはいませんが、空気の層を作ることで高い遮熱性を持たせることができるのです。

気温の上昇によって暑さを感じ、体温も上昇します。しかし、熱が伝わらないと気温がどれだけ上昇しても暑さを感じることはありません。そのため、熱中症の原因である体温の急激な上昇も起きないのです。

空調服による外気の遮断は熱を通さないことによって体温の急激な上昇を防ぐ効果があります。また、風が当たることによって体感温度が実際の気温よりも低く感じるのもメリットの一つです。

空調服ならではのデメリットと安全性の問題

空気の層を作ることで外気の熱による影響を軽減できる空調服は酷暑を乗り切る理想の衣類として注目されています。本来は作業用の衣類として作られた空調服ですが、現在ではアウトドアのレジャーを楽しむ人や屋内での熱中症を防ぐために部屋着として利用する人も増えているのです。

暑い季節にぴったりの衣類とも言えますが、その一方で空調服特有のデメリットがあることを忘れてはいけません。空調服はファンを動かして風を流すことが高い遮熱性を得る条件です。ファンを動かさないと普通の作業服と変わらず、外気に影響されて体温が急に上がってしまうおそれがあります。

空調服のファンは専用のバッテリーを電源にしているので、長く動かす場合は予備の分も含めて充電をしっかりと行わなければいけません。空調服のバッテリーはメーカーによって容量が異なるので、使用できる時間にも違いがある点を注意します。

また、異なるメーカーのファンとバッテリーを強引に結合させると故障したり、漏電による火傷や感電に見舞われるおそれがあるので絶対に行ってはいけません。空調服は多くの衣料メーカーが販売していますが、使用しているファンの製造メーカーも異なるので事前の確認が不可欠です。

一部のメーカーはバッテリーの規格を共有しているので使い回しができますが、素人判断で結合させるのは危険なので必ずメーカーに問い合わせてから使うことを心がけます。

外気を吸い込む作りなので使う場所を選ぶ

空調服のファンは外気を吸い込み、それを衣類の内部に流す作りです。

そのため、場所によっては埃などの汚れも一緒に吸い込んでしまうのでファンや空調服の内側が不潔な状態になってしまうことがあります。

そのような事態を避けるため、一部の空調服には汚れを吸着するフィルターがファンに装着されています。フィルターは消耗品なので定期的に交換しなければいけません。空気が汚れている場所ではフィルターの消耗が激しく、すぐに目詰まりを起こしてしまいます。

外気を吸い込む機能が大幅に低下するので、フィルターの交換も汚れ具合を見て適切に行う必要があるのです。埃だけではなく臭気も吸い込んでしまうことから、下水やたい肥など悪臭を出す物がある場所では十分に注意することを心がけます。

空調服の使用が制限される原因については空気が汚れていること以外に、有害なガスが飛散していることも挙げられます。工場など一部の施設では人体に悪影響をもたらす成分を含むガスが発生しています。そのような場所では防毒マスクを使うのが普通なのでガスを直接吸い込んでしまうおそれはありませんが、空調服のファンを動かすと有害なガスを衣類の内部に流し込む形になってしまうのです。

防毒マスクが空調服と一体化した作りの場合、有害なガスがそのまま口元に届いてしまうので非常に危険です。また、防毒マスクと分離した作りの空調服であっても、有害なガスが衣類の内部で素肌に触れてしまうことになるのでファンは動かさないのが賢明です。

ファンに使うフィルターの特徴を理解することが大切

有害なガスが飛散している場所では空調服のファンを使わないのが最も安全ですが、それでは熱中症を防ぐことができません。ガスの成分で健康被害に遭わないことと熱中症を避けるのを両立させるには、空調服のファンに工夫を施す必要があります。

無難な方法としてガス用のフィルター使用があり、ファンに取り付けることでガスの有害な成分を取り除きながら風を送ることができるのです。安全性の向上を図るのに効果的ではありますが、その一方でフィルターだけでは有害な成分の完全除去はほぼ不可能です。

あくまでも、人体に影響が生じない程度まで有害な成分を取り除く効果があると認識して扱うことが重要になります。また、空調服のファンに使うフィルターはその多くが一回限りの使い捨てです。装着して一度もファンを回さなかったとしても、空気中の微小な汚れやガスの有害な成分に触れています。

そのようなフィルターは見た目が普通でも汚れや有害な成分を吸着させる効果が著しく低下しているので、もったいないと思っても廃棄するのが賢明です。ガス用のフィルターは厚手の作りになっている他、一枚当たりの単価も割高です。

外気を十分に吸引できず、風の量も少なくなってしまうので決して快適とは言えません。通常の汚れ取りフィルターより高いので金銭面の負担も大きくなりますが、安全性を保つには必ずガス用のフィルターを使わなければいけないのです。

ファンも消耗品であることを認識するのが安全に使うための条件

空調服に付いている送風用のファンもフィルターと同様に消耗品であることを忘れてはいけません。空調服はその性質上、ファンを長時間動かし続けるのが普通です。それだけに部品の劣化も早く、使用環境によってはワンシーズンで機能が大きく低下することも珍しくありません。

ファンが正常に動かないと外気の熱を遮断する効果が得られず、空調服としてのメリットが無くなります。快適な着心地を保つためにも、ファンは消耗品であると認識して定期的に交換する必要があるのです。空調服用のファンはメーカーによって大きさが微妙に異なります。

異なるメーカーのファンでは空調服にすき間が生じることがあるので、必ず同じメーカーのファンと交換するのが長く愛用するためのポイントです。