空調服の上手な扱い方と充電器に関する注意点

気温が高い中でも体温の上昇を防ぐのに役立つとして、空調服が注目されています。本来は作業服の一種である空調服ですが、熱中症予防に最適とされ、現在ではアウトドアレジャー用の外出着や室温が上がりやすい建物内での部屋着として使われることもあるのです。

その一方で使い方を誤ると大きな事故に遭う危険もあるので注意しなければいけません。高温の環境でも快適に過ごすため、空調服の特徴や注意点を学びましょう。

空調服をより涼しく使うためのポイント

空調服で体温の上昇を予防できる理由

空調服は作業服の一種であり、付属している小型のファンで衣類の内部に風を送り込む仕組みになっています。この風は外気をそのまま吸い込んで放出している物なので、風そのものが涼しいわけではありません。しかし、空調服を着ると外気の熱を感じなくなるので、高温の環境であっても発汗すらしないのは珍しくないのです。

これはファンによって衣類の内部に風が通り、空気の層が形成されることが関係しています。空気は遮熱性が高く、外気が非常に高温であっても衣類の内部にある空気の層が熱をほとんど通さないのです。また、風が素肌に当たることで体感温度が実際の気温よりも低くなります。

この点も空調服が熱中症予防に最適と見なされる理由のひとつです。空調服はその用途から非常に気密性が高い作りになっています。生地そのものは決して厚くはありませんが空気をほぼ通さないので、ファンを動かさないと体温が衣類の内部に籠ってしまうのです。

気温が低い環境でも自身の体温のせいで暑く感じてしまうこともあるので、特別な理由が無ければ着用中は常にファンを動かすのが賢明と言えます。

ファンの性能を保つには充電をこまめに行うことが大切

空調服のファンは専用のバッテリーを電源にして動いています。

そのため、バッテリーが切れるとファンも動かなくなり、空調服としては役に立ちません。ファンを使い続けるとバッテリーがすぐに空になってしまうので、使用が長時間に及ぶ場合は充電済みのバッテリーを複数用意しておく必要があります。

メーカーによって多少の差はあるものの、空調服用のファンは充電済みのバッテリーを使えば7時間から8時間は動かし続けることができます。一般的な労働時間であれば勤務時間中にずっと動かし続けてもバッテリーが切れる心配はありません。

しかし、使用環境やバッテリーの寿命など様々な理由で稼働時間が短くなる可能性があります。バッテリーは使わなくても自然に放電するので、ファンを長く動かし続けるならこまめな充電が不可欠なのです。

空調服用のバッテリーの充電器と互換性について

空調服のファンを動かすのに不可欠なバッテリーを長く使い続けるには定期的に充電を行う必要があります。空調服を購入した際、専用の充電器が付属しているのでそれを使えば安全に充電することが可能です。しかし、充電器もバッテリーと同様に消耗品なので、使用頻度が高いとそれだけ性能が低下することを把握しなければいけません。

性能が低下した充電器は正常に動かなくなり、充電する時間の調節が困難になります。特に危険なのがバッテリーへの過充電であり、漏電やバッテリーの破裂といった重大なトラブルに至る可能性は否定できません。バッテリーと連結させる端子や電源コードに傷みが生じている充電器は故障しているおそれがあるので、速やかに新品と交換することを心がけます。

空調服は作業服と送風用の機器に大別されますが、それぞれを別のメーカーが作っています。送風用のファンやバッテリーを作るメーカーは複数の衣料メーカーに製品を販売しているので、異なるブランドの空調服が同じ送風機器を使っていることも珍しくありません。

機器のメーカーが同じなら互換性があるので、バッテリーの使い回しや充電器の使用が可能なのです。しかし、機器メーカーが違うと互換性はありません。これはメーカーごとにバッテリーやファンのモーターの規格が異なるためです。

メーカーが異なるバッテリーは充電用の端子の形状が違うので誤って使ってしまうおそれはありませんが、強引に繋げてしまうと故障してしまうので絶対につなげてはいけません。また、端子部分の形状を改造してもバッテリーと充電器の規格が違うので、過充電などのトラブルに見舞われる可能性があります。

異なるブランドの空調服でバッテリーを使い回す際は、必ず送風機器メーカーの互換性を確認するのが安全に扱うためのコツです。

送風機器の耐用年数と交換の方法

空調服に使われている送風機器は消耗品なので、年月が経過したら新品と交換しなければいけません。古くなって性能が落ちた送風機器はモーターの回転数が減少してしまい、空気の層を作るほどの強い風を出すことができません。

バッテリーも高熱を発するようになり、遂には内容物のリチウムが膨張して破裂するおそれがあります。本来の性能を発揮できないばかりか、漏電や火傷などの大きなトラブルに見舞われる可能性もあるのです。外観に異常が無くても古い機器は危険なので速やかに交換する必要があります。

送風用のファンの耐用年数はメーカーごとに多少の違いはありますが、約3年から4年ほどです。バッテリーの場合は約500回ほど充電を行うと性能が大きく低下するとされています。送風機器を交換する方法は容易であり、ファンは固定している留め具やマジックテープを取り外せば新品と交換することができます。

バッテリーはそのまま新品と入れ替えるだけであり、充電器も同様です。不要になった古い機器は空調服を購入した店舗で引き取ってくれることもありますが、一般的には地域のごみ出しルールに沿って自分で処分するのが普通です。

充電器はファンと同様に約3年から4年で交換するのが良いとされているので、ファンの交換と併せて買い替えるのが無難と言えます。

清潔な環境に置くのが長く使うコツ

充電器が傷む理由の多くはバッテリーを充電する際に触れる端子の劣化です。端子にサビや変形などの不具合が生じると充電機能に大きな問題が生じてしまいます。バッテリーへの過充電や発熱などの異常に見舞われる可能性があるので、日頃から丁寧に扱うことが重要なのです。

空調服は作業現場で着ることが多い衣類なので、充電器も空気が汚れている現場に置かれるのは珍しくありません。しかし、埃や泥、手垢などの汚れが端子に付着することで充電器にトラブルが生じることがあります。そのため、充電器を作業現場に置く際はカバーで覆うか、収納ケースに入れて必要な時だけ取り出すのが効果的な対処法です。